二次イオン質量分析ラボラトリー

国立極地研究所 極域科学資源センター
〒190-8518 東京都立川市緑町10-3

機材紹介

二次イオン質量分析ラボラトリー > 機材紹介 > 高電圧選択性パルス粉砕装置(Selfrag Lab)

高電圧選択性パルス粉砕装置(Selfrag Lab)

高電圧選択性パルス粉砕装置(Selfrag Lab)

スイスのセルフラグ(SELFRAG)社製の、高電圧のパルス電力を用いた試料粉砕装置です。

試料破砕のメカニズムとして、まず試料を誘電性の液体(イオン交換水等)の中に沈め、試料中の物質の境界(岩石試料の場合、鉱物粒間等)に液体を浸透させます。そこへ高電圧(約9万~20万ボルト)をかけることで、衝撃波を発生させます。試料中の物質境界に浸透した液体中にも衝撃波は伝播し、その際に強力な引張応力が発生します。そのため、物質境界に沿って試料粉砕することができます(選択的破壊;selective fragmentation)。

粉砕の条件を適切に設定することで、試料の構成物質を、元来の形態を保持したままで分離することができます。

また、粉砕は液体中で行われるため、従来の機械的粉砕等において問題となる粉塵被害は、抑制されます。